FC2ブログ
TOP >  レビュー・考察 >  2択なんですよね~。

JP7GRU's Log & Photo

アマチュア無線の事を中心にあれこれ書いてます

2択なんですよね~。

先日から格闘しているスクリュードライバーアンテナ「SD330」・・。
コモンモードフィルターを入れたおかげで3.5Mhzでも大丈夫なようになりました。
ただ、飛ぶかと言われると・・何とも。

さて、このアンテナのメリットを見つけました。
このアンテナの良いところは、ピンポイントで同調点を最良に出来ることです。
先日、ラジオNIKKEIを聞こうと周波数を合わせました。

ん~そういや、コントローラーでコイル操作すればもっと良くなるのか?と。
そう・・これが正解でした。
受信に関して言えばコイル同調点を目的周波数へ持って行けば最良になるわけです。

送信を考えると、送信して反射波との定在波比を測り、なおかつインピーダンスの整合も必要になりますが。
受信のみなら関係ないわけで。

ラジオNIKKEIのRSは59+40dB、プリアンプなしでここまでになりました。

この事を考えると3.5~30Mhzまでフルカバーするこのアンテナはやはり使えるのかも。
何より、微調整さえ苦にしなければどのバンドでも行けるのです。

で、最初私は切り替え器にアナライザーをつなぎインピーダンスとSWRを見ながらアンテナのマッチングを取ろうとしてました。
昨日からコレを止めてます。

リグの機能を使っても同じ事が出来たからです。
DMU2000にはSWRチェック機能が付いてます。これで同調させたのと、アナライザーを使った結果を比較して・・。
やはり!同じでした~。

なお、気をつけたいのは内蔵チューナーをオフにしておく!
オフの状態でコイル調整を行ってその後チューナーで無線機側の整合を取ると。


うーん・・飛びの事を考えるとセンターローディングも良いのですが・・。
200khz幅もある7MHZでモノバンドモービルホイップは同調周波数に合わせると幅がないのが欠点です。
その事を考えると「SD330」というアンテナは正解なのかも知れませんね。

後は・・エレメント延長とカウンターポイズをどうしていくか。
これもカットトライでしょうかね~。

アンテナはホント難しいと思います。

関連記事

Last Modified : -0001-11-30

コメント







非公開コメント