FC2ブログ
TOP >  アマチュア無線 >  アンテナ >  SD330+釣り竿エレメントの耐久テスト

JP7GRU's Log & Photo

アマチュア無線の事を中心にあれこれ書いてます

SD330+釣り竿エレメントの耐久テスト

先日、RDL-4015を下ろしたので。
いよいよ3.5~14MHZをSD330+釣り竿エレメントでQRVしてます。

今朝も7MHZでCQ出してましたら、呼んで貰えました。
有り難うございます。

昨日の強風・・いや、なかなかで。
旗竿が「ガラン!」と大きな音を立てて倒れたり・・・。
そんな状況下でも、5.4mの釣り竿は持ちこたえてくれました。

ただ、しなりはします。
しなってくれる方がこちらとしては安心ですけどね。
強風が収まると釣り竿君・・元の状態に。

SD330本体も基台を強化したおかげで、万全です。
後は・・降雪の荷重テストですね~。

今回の風速10~20mでは問題無く運用できました。
本体との間隔を近づけて置くと・・強風で竿がしなっても、エレメントのクリップは外れませんでした。

釣り竿の保護もコート剤を時々塗布してます。
おかげで水滴の付き方も違う様です。


関連記事

Last Modified : 2017-03-18

コメント







非公開コメント