fc2ブログ
KENWOOD 「KP-990」がやって来た! | JP7GRU's Hobby room
オーディオ/音楽

KENWOOD 「KP-990」がやって来た!

11月最初もオーディオのネタです。

私が小学校中学年の頃、家にはモジュラーステレオが有りまして。
ラジオより先にレコードやカセットテープに興味を持ってしまってました。
なのでBCLよりも先にカセットテープの音の良さや高級ステレオシステムに憧れてました。
中学になるとレコードをカセットテープに録音したり。
メーカーによって音に違いが有るのを知ったりと、おそらく私の原点はオーディオなのかもしれません。

話がそれましたね(^^ゞ
高専に入学時は日立のラジカセ「パディスコ」とLo-Dのカセットデッキを所有して居ました。
生粋のオーディオファンでした。

在学当時イイなぁ~と欲しかったのが高級感の有る「レコードプレーヤー」
最終学年時にはアパート住まいして居たことも有ってそこそこの機器でオーディオライフを楽しんでたのを思い出します。
その当時のカセットテープは今も現役で良い音を出してくれてます。
じゃあ実家に寝ているかも知れないレコードは?と思い直しプレーヤー入手を思い立ったわけです。

前置きが長いですね。
で、この度苦労して入手したのがKENWOODの「KP-990」です。
確か発売が昭和61年・・・1986年だったこのモデルは前年に出た「KP-1100」のダウングレード版ですが。
69,800クラスのアナログプレーヤーとしては人気・クオリティも高くて。
社会人になってからも縁が無かったのを記憶してます。

無事に10月28日受け取りました。

202210282208166e6.jpeg

開梱始めると・・・こんな感じ。

2022102822083655e.jpeg

本体キャビネット、プラッター、ヘッドシェルやEPアダプターにマニュアルと確認しながら。

202210291512524b7.jpeg

無事に組み上げました。
さ、現物拝見ですが35年以上前のアナログプレーヤーにしては状態も良くて。

202210282209046c5.jpeg

さすがに専門ショップがメンテナンスしただけのことはあるかと思います。
よくも思った以上に値段が上がらずに落札出来たもんだと。
因みに送料込みで67,900は経年やメンテナンスを考えるとお値打ちと思います。

用意したのはオーディオテクニカのシェル付きカートリッジ。
ここは新品を用意しました。

2022102908443278b.jpeg

動作確認をしておかないと出品者に連絡が遅れると思い急遽置き場所を確保。
どうにかアナログプレーヤーを設置しました。
位置が決まったら水平チェックとプラッター取り付けてアーム調整、カートリッジの針圧チェック。
ここを面倒と思ってはアナログプレーヤーに失礼ですね。良い音が出ません。

後はアンプに接続してレコードを載せて・・・音チェック!
おおっ!良いじゃないですかぁ~久々に聞くレコードの音はやはり違います。
片面終了後のオートリフトアップも動作OK、各スイッチも問題無く機能してくれました。
ひとまず大丈夫でしょう。

眺めてましたら気づきました。
TS-940Sは1985年生まれ、KP-990は1986年生まれな事に。
どちらも「TRIO」から「KENWOOD」に移行した時期の商品であり1980年代の無線・音響機器業界の隆盛さが窺えるかと。
1990年にはKENWOODアナログプレーヤー終了、無線機はDSPを主流としたデジタル化が一段と進んでます。

私の部屋には「TS-990」「KP-990」と「990」を冠する機種が2台になりました。
ジャンルは違えど1980年代と2010年代のKENWOODには繋がる系譜があるような気がします。
念願叶って入手した「KP-990」を大事にしていこうと思います。

20221102230721a9f.jpeg  

本日ラックにパーツを追加して各機器を設置し直して完成しました。
ちょっと予定外な事も有りましたが良しとします。
11月はレコードネタが増えるかな~。

でわまた<(_ _)>



にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック