fc2ブログ
Marantz CD6007を選びました。 | JP7GRU's Hobby room
オーディオ/音楽

Marantz CD6007を選びました。

前回のブログから1ヶ月以上放置してました。
いや~ネタがね~。

久々のブログネタは10数年ぶりに入手したCDプレーヤーです。
随分悩んで選んだのが、Marantz CD-6007というモデル。
最初は型落ちの中古を探しましたが中々気に入ったのが見つからず。
過去に使ったことの無いメーカーMarantzに。

今専用のCDプレーヤーは所有しておらず、DENON「DVD-2930」という随分昔のユニバーサルプレーヤーが有ります。
比較と言うよりは今更「CDプレーヤー」を買うのは?という自分への疑問を解いて行ければと思います。

今更「CDプレーヤー」買う?

実は自分でも今更「CDプレーヤー」は必要なのか?と思いました。
この「サブスク・データ配信」で音楽が聴けるのに要るのかな~と。
言い方を変えれば配信でも高音質の音楽が聴ける状況になってきたんですよね。
凄い世の中になったんだなぁとカセットテープをリアルに使ってきた私としては感じてしまうわけです。


資産としてのCD・カセットテープ・レコード

6月に山下達郎さんの「Softly」を購入しました。
生涯サブスクをするつもりは無いと言った事から、ライブに行くのが一番なんですが。
そうそうライブチケットが入手出来るわけもなく、レコード・カセットテープ・CDのどれかを買うわけです。
実は予約入手したのはカセットテープでした(^^ゞ
で、追加でCDまで買いました。

今時?と思われるかも知れませんが予定数完売で追加販売されます。
レコードも然りです。

レコードプレーヤーも凝り始めると非常に厄介なので、今まで買ったCDを再度楽しむ為にと。
結構な枚数を所持してますのでね。

過去に使ってきた主な機種としては・・・。
CDP-X5000、CDP-XA3ES
PD-T04S、DV-S757Aまでを記憶してます。
今でも好きなのはCDP-X5000ですね~名機だと思ってます。

さて、Marantz CD-6007です。
購入前に調べてみましたら、7万以下のプレーヤーとしては評価が良いようですね~。
上級機で使われて居るデバイスを使用したり専用回路を使ったりと。

CD専用機としては十分に思われます。
まあUSBメモリからの入力くらいは許容範囲と思ってます。
DACの性能から行くとDSDの5.6MHzまで再生できるんだとか。

設置と音出し。

開封して設置した場所は取り敢えずここにしました。

2022082211114688b.jpeg

当面はヘッドホン・イヤホンで聴くので良いかなぁと。
先日まで置いていたDENONの「PMA-30」は事務所でBGM用に使われてます。

試聴に使ったのはfinal A4000です。
一番使って居るイヤホンなのである程度の聞き分けが出来るかと。

聞いてみたのはここ最近一番聞いている山下達郎さんの「Softly」
ミュージックテープをA&D GX-9100で聞いてみた場合との違いを見つけられれば。

うん、ヘッドホンアンプのエージングが進むとアナログっぽく鳴ってくれそうです。
DENONで聞いたときとは音の傾向が違い高音がよく伸びます。
試しにKeiko Leeさんのディスクを掛けるといや~なかなかの音が聞けます。

気に入ったのはディマースイッチの操作でディスプレイOFF出来る事です。
音質向上に一役買ってくれるでしょう。

こうなるとペアのアンプが欲しくなりますね~。
暫くエージングを続けてみようと思います。

でわまた<(_ _)>
(この記事は予約投稿機能を使用してます。)

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

​​

関連記事

コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック