FC2ブログ
TOP >  PC関係 >  Ryzen9 3900Xの空冷データ

JP7GRU's Log & Photo

アマチュア無線の事を中心にあれこれ書いてます

Ryzen9 3900Xの空冷データ

AMDのシステムにして数日。
安定稼働し始めたので、ムダをそぎ落とす方針です。

今回はCPUの温度を下げながらパフォーマンスを維持させてみます。
それというのも、マザーボードの初期設定のままではCPU温度がやや高い。
目標はアイドル時で45~47℃でしょうか。

このデータから初期値ではCPUに掛かる電圧は1.42V。

コメント 2020-05-08 064722

多少、動作クロックを下げながらCPUに100%負荷が掛かった場合でもシステムが安定する様に。
ネットを検索すると1.300Vで4.1Ghzは行けそうな情報を入手。

早速試しながら、こんな状況を。

コメント 2020-05-11 230033

5分ほど負荷掛けた状況です。
このままでも良かったのですが、欲張って電圧を変えずにCPUのクロック周波数上げたら高負荷時にこけました。
バランスを取りに行きます。

CPUに掛かるVID電圧を1.325V、クロック周波数は4,200で。

コメント 2020-05-12 201836

コメント 2020-05-12 073412


アイドリング時で46℃なら狙い通りと言えます、ちなみに室温は約23℃
で、こけたときと同じ状況にしましたが・・・今度は10分以上負荷掛けてもご覧の通り。

コメント 2020-05-12 074239

これでイイと思います。室温に多少左右されますが、夏場で80℃ならば大丈夫かと。
上限の4.6GHZまで上げようと思うと多分空冷では無理があると思いますから。
初期設定のCPU電圧よりも0.1V下げてここまでパフォーマンス出せるので。

CPUクーラーは12cmクラスでは最強と言われるNoctua NH-U12Aです。
フルスピード掛けてますが、音も気になりませんし。

空冷でこのCPUを稼働させるための参考になればと思います。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村



関連記事

Last Modified : 2020-05-12

コメント







非公開コメント