FC2ブログ
TOP >  アマチュア無線 >  YAESU >  FTDX5000MPの立ち位置

JP7GRU's Log & Photo

アマチュア無線の事を中心にあれこれ書いてます

FTDX5000MPの立ち位置

え~IC-7610が戻ってきたことで主役の座を渡す「FTDX5000MP」
この2週間頑張ってくれました。

ん?メイン機じゃないの?
私も投入時はメインに使うはずと思っていましたが、今ではその立ち位置が変わって来ました。

その理由なんですが。

①運用スタイル

私の場合は無線機の前に座るのがホント短いんです。
そこに加えてICOM機は便利な「RS-BA1」というリモートシステムが有ります。
この良さは「IC-7300」で実感してますから4年前から「リモート運用」が確立してしまったのです。


②運用モードの特化

では「FTDX5000MP」はどのような場合に活躍するのか?
ズバリ「FT8」と「DX QSO」になってきてます。

移動しない局の200W免許状を受けたときは「DX」とのQSOで。
先代の「FT-2000D」が頑張ってくれました。
そして、途中から「JT65」モードの運用でも「いざというときの200W」は強みが有ったのです。

と言うか「FT8」になって80~100Wでないと心許ない状況になりましたよね。
そうなると、100W機<200W機な訳です。

「CW」には使わないのか?
う~ん、余程のことが無い限りはね~。結構「IC-7300」でも足りたんです。
IC-7300でダメなときにFTDX5000MPで呼んだらOKって言うのも結構有りました。


③性格の違う「2台」

FTDX5000MPを手放さなかった理由なんですが。
いわゆるダブルコンバージョンタイプで、アナログメーター式の無線機は当機以外に見当たらなくなりました。
で、下取り査定を一度して貰いましたが。自分の持ってるオプションを含めても30万弱。
持っていた方が良いわけです。
周辺オプションも含め、私のFTDX5000MPシステムは完成してるので。

操作系や送受音、見事に違う「IC-7610」と「FTDX5000MP」
今回、IC-7610は思わぬ障害でメーカーに送りましたが。
そんな時でも「FTDX5000MP」はしっかりと機能してくれました。
トラブりにくい安心感は「FTDX5000MP」が上なのかも知れません。

私、カメラも2台持ちなんですがそれと同じなのかも。
絶対的な「EOS-1D系」と普段使い的な「EOS5D系」って言うと分かります?

同じスピーカーで同じ周波数を聞くと更に分かるんですよね。
今風な受信音の「IC-7610」一方の「FTDX5000MP」はYAESUの音色。
これからも「FTDX5000MP」には頑張って貰います。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

関連記事

Last Modified : 2020-02-20

コメント







非公開コメント