FC2ブログ
TOP >  アマチュア無線 >  ICOM >  なぜIC-7610なのか

JP7GRU's Log & Photo

アマチュア無線の事を中心にあれこれ書いてます

なぜIC-7610なのか

他にも選択肢あったでしょって言われることに対する言い訳。

はい、そうなんです。
選択肢には当然KENWOODやYAESUが有りました。
特にTS-890なんかは魅力的でしたね~。
FTDX-101なんかもイイなぁ~と。

ではなぜIC-7610なのか。

理由をいくつか述べていきたいと思います。

① 価格に対するコスパ。

最大の理由はコレに尽きると思います。
筐体の大きさや価格設定、それに対する各機能の充実感。
特に完全なデュアルワッチが出来るライバル機は海外勢のSDRになっちゃいます。

一つのアンテナで別のバンドがそれぞれ聞けるのは非常に便利です。

② リモート環境のアップデートが容易

IC-7300からのリモート環境がほぼそのまま移行出来る点は変更届だけで済みます。
それでいて、リモートでも完全2波受信ですから。
しかもサーバー機能が付いているのでリモートするのにいちいちPCを立ち上げなくても良いんです。
実際設定してみましたが、IC-7300の時よりも簡単でした。

実はTS-890にも惹かれました。
ですが、2波受信出来ないって言う点で却下。
YAESUはそもそもFTDX5000MPを置き換えるにしても費用の面からいってムリが有りました。

③ 同じメーカーの方がデザイン的にも都合が良い

これは色んな面で都合が良いんです。
写真を見ても分かるようにホントに違和感なく収まりました。
入れる場所もここしか考えてなかったので、ピタッと収まったときにはちょっと感動しました。

④ 新たに追加購入するモノがほとんど無い。

これはホントに。
IC-7300で使っているモノが全部使えます。
買い足したのは液晶保護フィルムだけです。
仮にTS-890だったら周辺機器を全部買い換えです、そんなムダはしたくありませんでした。

とまぁ大きな点を書いてみました。
実際置いてみて、ジャストサイズな点とリモートでの実践能力は非常に高いと思います。

コメント 2020-01-27 151053


関連記事

Last Modified : 2020-01-29

コメント







非公開コメント