FC2ブログ
TOP >  レビュー・考察 >  「dmonitor」でロジクール無線マウスを使えるようにしてみる

JP7GRU's Log & Photo

アマチュア無線の事を中心にあれこれ書いてます

「dmonitor」でロジクール無線マウスを使えるようにしてみる

何とか「dmonitor」を使えるようになりましたが。
不満な部分はBluetoothやWi-Fiの機能が停止させられる点。

取り敢えず手持ちのデバイス「ロジクール」の無線マウスが動く様にしてみました。

ラズパイに入れるのはsolaarというライブラリで良いことが分かりました。
では早速。

ターミナルウインドウを出して。
sudo apt-get  install solaar

次のようになります。


1 $ sudo apt-get install solaar
2 パッケージリストを読み込んでいます... 完了
3 依存関係ツリーを作成しています
4 状態情報を読み取っています... 完了
5 以下の追加パッケージがインストールされます:
gir1.2-notify-0.7 libupower-glib3 python-pyudev upower
7 提案パッケージ:
8   python-qt4 python-pyside.qtcore gir1.2-appindicator3-0.1 solaar-gnome3
9 以下のパッケージが新たにインストールされます:
10  gir1.2-notify-0.7 libupower-glib3 python-pyudev solaar upower
11 アップグレード: 0 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 252 個。
12 269 kB のアーカイブを取得する必要があります。
13 この操作後に追加で 933 kB のディスク容量が消費されます。
14 続行しますか? [Y/n]

ここでyで続行。
終わってコマンド待ちになったら再起動

で、再起動後。

手持ちのロジクールのUSBレシーバーをUSBへ差し込んで。
マウスのスイッチを入れます。

マウスポインタがマウスに合わせて動けばOKです。
ロジクールだとキーボードもワイヤレス化が一気に出来ますね。

一応動画も撮ってみました。



ペアリング後のマウス設定はこんな感じです。

202001072144351a6.jpeg

この状態でロジクールのワイヤレスキーボードなら一発認識します。
USBのキーボードが余ってたので今回はマウスのみで。

マウスを何個も使うのがイヤなら私のようにマルチデバイスで切替が出来るタイプがおすすめです。
キーボードにも切替スイッチ付きのがロジクールには有りました。

無線LANを設定するにはネットワークアイコンを右クリックして。

2020010721450880b.jpeg  
ここから設定してもいけると思います。

標準のBluetoothを生かしたままdmonitorをインストールしてみたいと思います。
その辺りはまたの機会に。

ひとまずdmonitor環境設定はこれにて。

関連記事

Last Modified : 2020-01-07

コメント







非公開コメント