FC2ブログ

730V-1AWを再度立てました

2019.10.14(17:48)

台風も過ぎ去ったので、再度アンテナを立てようと。
いつにするか、どのアンテナにするかで悩みましたが、結局元通り。

クリエート730V-1AWを再度立てました。

201910141719145f5.jpeg

ホントは明日以降にしようかと思ってたんですが。
今日は連休最終日で、お客様も少なく。

時間に余裕が出来たのでササッと。

これで雪が降るまでは楽しめます~。
しかし、今日もニュースで台風の被害状況見せられましたが・・・。絶句です。

日常のアンテナチェック

2019.05.09(19:30)

4月末のJAコンテスト後。
アンテナを一度下ろして、再調整。
その後は中々調子よく動作してくれてます。

何をしたか。
一つはアンテナの給電点を下げたことです。
4mのポールに対し、3mの位置まで下げました。

どうもですね、近くの電力線に悪さをされてた様で。
一番近いときで約1m以下だったんです。

今まで使っていたポールが長くても3.5mに対し、今回4mのポール。
高さを欲しいばかりに、干渉を見落としてました。

ともかく、この2~3日は安定してる様です。

もう一つ、3接点の切り替え器も用意してこんな事をしてます。

2019050917033178c.jpeg

今回は「1」の接点をアンテナアナライザーの専用に。
デスクサイドで見られるようにケーブルも用意しました。

201905091703491d9.jpeg

こうすることのメリットとしては運用前に簡単にアンテナの状態を確認出来る事です。
アンテナからアンテナチューナーに入る前に切り替えでアナライザーへ入力出来ると。
ここで異常が発見できれば、少なくとも切り替え器~アンテナ間の問題に絞れます。


試しにチャートを取りましたが、イイ感じに落ちてました。

20190509215201c19.jpeg

特にHF帯のアンテナは一度上げると通常は中々下ろせず、目視での異常発見もし辛いです。
面倒がらずに1日1回はアンテナアナライザーで確認したいと思います。

それとアンテナアナライザーはそれまでの「MFJ-225」も離さずに持っておくことにしました。
普段は「AA-55ZOOM」でHFをまかなえますが、MFJの1~180MHzカバーは捨てがたいという事で。

そろそろ本格的にハイバンドメインでQRVです。



⇒日常のアンテナチェックの続きを読む

アンテナパーツ到着しました

2019.04.13(21:30)

先日のアンテナの一件で。
予備のパーツを持った方が良いかな~と思いメーカーへ問い合わせ。

トラップコイルの価格を問い合わせましたら14M用で1個5千円程度。
買っておくことにしました。

送料込みで1万3千円を私は高いとは思いませんでした。
パーツ単位で保守出来る事に感謝。

で本日届きました。

20190413191349e56.jpeg

で、少々手を加える予定です。
ちなみに21/28用のトラップコイルは1個8,500円でした。

壊さないように気をつけます。



アンテナトラブルとその復旧

2019.04.07(18:30)

先日の4月4日、それは突如として起きました。
朝、いつもの様に周波数確認を始めると、反射波が高くパワーが出ない状態。

チューナーを切ってもNG、アンテナの整合器のスイッチを切り替えてもNG。
これは変と思い、即座に無線機の電源を切ってアナライザーで確認。

予感が当たってます。
7MHzの同調点が明らかにとんでもないところに居ます。
便利なのが「AA-55ZOOM」のスイープ機能でした。

思い当たる節が無いなぁ~と。
天気も悪かったので確認のしようも無く。

天気が良くなった4月6日。
空いた時間でアンテナを下から眺めて・・・ん?トラップコイルが一つ違ってる。
写真撮ってみて確認。

201904071015428e7.jpeg

あ~なるほど。
これで大凡の見当が付きました。
730V-1AWはトラップコイルのラベル表示が上に向くのが正解なのです。

で、今朝。
早朝6時からアンテナを下ろして確認。

やはり水抜き穴が下で無く上になってました。
トラップコイル内部の水はどうやら抜けてる模様。

手直しをしながら、同調点が低く出やすいのでエレメントも少し短めに再調整。
一度マストの中間位置で立ててチェック。

キチンと欲しい位置で同調点が取れました。
アナライザーで整合器のスイッチ切り替えしながら、同調点の変化も確認。

他のバンドも問題無さそうです。

で、元に戻して作業完了しました。
最後に、無線機に繋いで確認。

徐々にパワーを掛けながら、反射波が殆ど無いのを見てホッとしました。
時間が無くなってきてましたが、CQを出して59/59のレポートで交信完了。

これで暫く様子を見ようと思います。


短縮型の場合はトラップコイルを確認ですね~。
今回は異常に気づいて、即停波したのも良かったと思います。

確認の意味で写真撮りました。
まずは給電部、整合器周り。

_D3A9227.jpg

こちらはハットの曲がりと長さの微調整。
_D3A9228.jpg

問題の部分。
水は抜けてました、確認して再度シール。
今度は穴の位置もOKです。

_D3A9229.jpg

同じようにエレメントの微調節とハットの曲がりを修正。
良い具合になりました。

_D3A9230.jpg


最後、逆光ですが。
ケーブルの引っ張り防止にテープ止めも。

_D3A9231.jpg

再発する場合は水抜きの穴を大きくするかな~と考えてます。
朝の無風で、天気の良い内に出来て良かったです。

2枚目以降の写真。
気づいた方はコメント下さい。



隙を突いてアンテナ手直し

2019.03.25(18:30)

いつ直すか~と機会を窺ってました「730V-1AW」

本日昼休みを使い切っての作業を決行しました。
暖かかったのと、足下もOK、風も微風だったので。

下ろすのと、上げるのはどちらも大変です。
慌てずに下ろして原因も分かりました。

増し締めが不足してた模様です。
手では廻りませんでしたが、Uボルトの垂直がわずかに甘かったのも。

再度位置を確認しながら取り付け直し、増し締めも。
出来たのがこちら。

20190325141032640.jpeg

前回ステー金具を足りないまま作業して、失敗してたので。
今回はその手直しもしました。

昼飯も食べなきゃいけなかったので、アナライザーでの確認が未だです。
そこはボチボチと作業します。

取りあえずホッとしました。


アンテナ

  1. 730V-1AWを再度立てました(10/14)
  2. 日常のアンテナチェック(05/09)
  3. アンテナパーツ到着しました(04/13)
  4. アンテナトラブルとその復旧(04/07)
  5. 隙を突いてアンテナ手直し(03/25)
次のページ