タイトル画像

AUDIX OM2が良い仕事してる

2016.12.09(22:53) 1036

さて、今回はマイクの話です。
夜の8時も過ぎると7MHZは国内NG・・・が通常なんですが。
本日は事情が違いました。

いや、結構聞こえたのでCQを出すと少しずつ呼んで頂けました。
実は最初IC-7300を使ってましたが、コンディションに負けるかな?と途中でリグを切り替え。
QSOの途中だったのですが、ノイズが下がったと言われました。
パワーも入りますからね、コンディションが下がってるときほどパワーの差は出るのかな?

ん~自分で気づいた点としては。
音声モニターの際、バックノイズが結構違うこと。

IC-7300とCM5の組み合わせでは、室内の僅かなファンヒーターの音を拾います。
ですが、FTDX5000MPとAUDIX OM2だとホントに無音から自分の音声が出てました。
特に、ベリンガーMDX2600を入れてからハッキリしてます。

MDX2600の設定はほとんど同じにしてますが。
バックノイズの拾い方が違うと言うことは、マイクの特性なんでしょう。
AUDIX OM2が良い仕事してると。

ん~しかもFTDX5000MPとの相性も良いのかもしれません。


しかし、話変えますが。
夜の9時近くから1時間で12局と交信は珍しかったです。
遠くは6エリア、近くは同じ7エリアから呼んで頂けましたので。
各局さん、有難うございました<(_ _)>


JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

PDMⅡの効果?

2016.12.02(21:30) 1024

先日の夜に設置したパワーディストリビューターの「PDMⅡ」
無線機器用として使い始めましたが。

一応効果らしきものが出てるようです。
部屋照明からのノイズなんですが、気にならなくなりました。
ノイズフィルターが効いたのかも。

プリアンプとプロセッサーはまだ評価途中です。
特にプリアンプは真空管という特性上、違いを見つけていくのは時間が掛かるかな~。
プロセッサーですが、設定を詰めることで自分の音声モニターに違いが出てきてます。
今回のPDMⅡでなんか更にスッキリしたように感じてます。

負荷を掛けたときの消費電流も把握出来ました。
SSBでパワーを掛けて約5Aって所です。
いや、モニター出来るのは見ていても面白いです。

JT65モードだと余り電流も上がりませんでしたね。
待機電流で0.6A(各機器OFF)程度。
PCモニターONで1.5A程度まで上がり・・・プリアンプや無線機本体等を起動で2.5A程度。
写真撮るのが難しいかな~。

手間を掛けますか。
三脚とEOSとインターバルレリーズで撮ってみました。
電源オフ時
_D3A1853.jpg
途中経過
_D3A1855.jpg

SSB入力時
_D3A1866.jpg

前面用のコンセントはThinkPadを充電する時用かな。
便利になって使い勝手が上がりました。

何か変わったらまた残します。




JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

ベリンガーMDX2600設定始めました。

2016.11.23(22:10) 1019

ようやく結線、設置が出来たベリンガーMDX2600。
ダミーロードを入れて、説明書片手に設定を始めました。

色々な機能が有るので、一つずつ確認しながら。
エキスパンダー/ゲートの機能はダイナミックレンジの拡張に絡むようで。
私の解釈なんですが。
エキスパンダーはdbxのノイズリダクションシステムに近いかも。
一方のゲートって、ドルビーNRシステムかも。
どちらも、設定値以下のノイズを抑制しますね。

IC-7300とFTDX5000MPで近い設定に収まりました。
写真は粗調整中の一コマです。
20161123205349231.jpg
続いてコンプレッサー設定。
無線機内蔵のスピーチプロセッサーとはひと味違います。
取り敢えず、説明書の推奨設定で様子を見ることにしました。

面白い機能が、TUBE機能。
スイッチオンで、真空管の特性に近づけるんだとか。

他にも設定が有りますが、折角なので次回のブログで。
IC-7300とFTDX5000MPのマイクもそれぞれ違いますが、その特性を生かした音に
少しずつ進めようと思います。




JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

原因はケーブル!USB編

2016.11.08(10:55) 1004

先日から移動用のシステムを準備してますが。
どうも、PCと無線機の間で問題が起き始めました。

YAESUのサイトから仮想COM用のドライバを落として、手順通りに作業完了。
で、通常は別の無線機を使わない限り、COMポートが振り替わるなんて無いはず・・。

ですが、変わりました。
最初、COM4、5の2ポートだったのが6と7になってみたり。
そうかと思うと、また元に戻ったり。

ケーブルの抜き差しで同じUSBポートの場所に差してCOM番号が変動するなんて?

手順としてはPC、外部電源、無線機(991M)全て電源オフから。
USBケーブルで接続後、外部電源>PCの順で電源を入れれば、仮想COMドライバが認識。
ここまでは良いはずなんですが、PC>外部電源とオフにして、しばらく置いた後。
立ち上げ直すとまたCOMがインストール!?

ん~何を疑うか・・。
USBケーブルくらいしかないんですけど。

使っているのは4mもの。
試しに1mの別の物に替えてみました。

あれ、COM番号変動しません。
「デバイスマネージャ」を見ながら、USBのコネクタに抜き差し・・・。
やっぱり現象発生せず・・。

え~まさかのUSBケーブルですか?
確かに長かったけど・・。

1mのUSBケーブルはさすがに使いづらいので。
2mのUSB2.0ケーブルで再度テストです。

4mの時に起きていた状況に持ち込んでも、問題無くCOM番号は変動しません。

まさかのUSBケーブルで問題が解決しました。
念のため・・。
ケーブルが細めでしたのでパッチンコアでワンターンと・・ノイズフィルターを。

一応テスト完了にしておきます(^^ゞ
テスト風景はこんな感じ。
3.5MHZ
201611081028111ab.jpg

7MHZ
20161108102833bd0.jpg

移動現場でどうなったかは、次のブログです。





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

アンテナ自宅前~道の駅テスト

2016.10.13(17:00) 984

昨日の夜、何とか届いたアンテナ。
慣れるために自宅前駐車場で展開・収納しながらテストしました。

折角なのでアナライザーで見ましたが。
予想通り、周囲の影響を受けてます。

で、仮置きでクルマのルーフ中央から後方へマグネット基台をずらすと・・・。
同調点でのSWRもキチンと落ちました。

あ、建物の影響がでかいな~とホント実感。

クルマで10分足らずの道の駅まで来まして。
再度組み立て確認。

201610131629420b9.jpg

場所が変わったのとエレメント調整不十分ですが。
どうやら十分実用になりそうです。

これ以上はもう少しボディアースを強化する必要がありそうです。



JP7GRU's Log & Photo


レビュー・考察
  1. AUDIX OM2が良い仕事してる(12/09)
  2. PDMⅡの効果?(12/02)
  3. ベリンガーMDX2600設定始めました。(11/23)
  4. 原因はケーブル!USB編(11/08)
  5. アンテナ自宅前~道の駅テスト(10/13)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ