タイトル画像

μ-Tuneユニットの凄さが分かった(;゜ロ゜)

2016.06.24(00:00) 919

じっくりと構えてFT DX 5000MP LTDをあれこれ操作してます。
FT-991でも感じましたが、世代によるDSPの違いは歴然だったりします。

今更と思われますが、IC-7300を例えれば50系プリウスとすれば。
FTDX5000MP LTDはS20系クラウンと例えたいですね。
やっぱり作りが違うわけです、多少の古さは大した問題では無いと。

メニューモードの設定パラメーターを見ていて思ったのが、設定をキッチリ出せば・・。
おかげで、マイクの音が変わりました。
変わったと言うよりは、本来のパフォーマンスが出せるようになったと。

外部マイクアンプのイコライザーをOFFにしても良くなったので。
リグ本体のマイクEQで補正できない分に上手く使えそう。

後はμ-Tuneユニットの凄さがよく分かりました。
FT-2000Dの時はなんとなく効果がある位だったのが、ここまで効くの(゜∀゜)
って感じで。

FT-2000Dを使っていたからこそ分かる、FT DX 5000MP LTDに替えた時のオプションの良さ。
恐らく、純正のマイク「MD-200A8X」もFT-2000Dの時よりも良いパフォーマンスを出せるのではないかと思います。

これで、私のリグ構成はほぼ完成の域にきました。
後は私次第なのかもしれませんね。

関連記事


JP7GRU's Log & Photo


<<消費者庁までがWin10アップグレードに注意喚起! | ホームへ | 嫁にお付き合いして・・>>
コメント
こんにちは♪
しばらくWEB徘徊してなかったら
新機種投入されてるではありませんか(!!)

※しかし、車のたとえ
 非常にわかりやすいですw
【2016/06/24 14:04】 | JM1NCT #- | [edit]
NCTさん
コメント有り難うございます。
自分でも想定外でしたが、非常に満足度は高いです。

クルマの例えは分かりやすかったですか!
個人的な見解だったんですがね。
【2016/06/24 18:13】 | EOSマン(JP7GRU) #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/919-0a4364db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)