アマチュアバンドプラン (2回目)

2014.12.21(22:15)

さて前回の新バンドプラン試行の続きです(^^ゞ

21MHZのポイントは・・非常通信周波数が変更になってますね。
後はやはり・・狭帯域データ向けに周波数が21,150KHZまで使えるようになりましたね。


次に24MHZ・・。
JT使いとしては嬉しい事で、狭帯域データで24,910~24,940KHZまで使えるように。
ただし、JA同士はNGですので注意したいものです。

28MHZは・・。
28.15MHZまでだった狭帯域データが28.20MHZまで広がりましたね。

最後に50MHZ

やはり狭帯域データ通信向けに周波数が拡大されてます。
その事だけで見れば、50.2~51.0MHZですし・・。
DX局とのデータ通信に限れば51~51.5MHZもOKというのですから。


一通り見てみましたが・・。
どのバンドにも言えるのが狭帯域データ通信の文言です。
しかも海外局との交信に限ると。

今回の目玉は中波域475.5KHZって思いがちですが。

どうやら、海外の周波数利用に日本がすり合わせたバンドプランになったように感じます。
悪いことでは無いと思うし、DXとのQSOの機会が増えるんではないかと思います。

その分、マナーも求められますよね。
今後も勉強して理解を深めたいです。



関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/517-e92e5cd9