アマチュア無線との出会いを回顧する(後編)

2013.10.30(19:30)

せっかく書いた回顧録・・。完結させますか(^^ゞ

前回は小~中学時代の自分がどうだったかを。
今回は高専入学後から現在までの自分へ。


昭和5×年に高専入学後、迷うこと無くアマチュア無線部に入ります。
1年生で従免を持って無かったのは・・私だけだったかも。

夏休みや冬休みを使って勉強し、翌年春に今で言う4級を取りました。
クラブではその間、先輩達の補助をしましたね。
耳はそこで鍛えられました。ヘッドホンを2つ使える様にして、隣で相手局を聞くんです。

オペレートの仕方も覚えていきました。
欧文通話表や和文通話表とか、リグの特性とか、アンテナのこととか。
リグも高専に入ってから知っていったようなものです。

ですが、そこにはTRIOの名機達がありました。
アンテナも八木アンテナやダイポールとか、3.5~430までQRVできた環境でしたね~。

2年の春に従免を取った私は、やっと1人前のクラブオペとして活動できます。

昼休みや放課後もできる限りCQ出して楽しみましたね~。
いや~放課後の数時間で数十局はざらでしたから。


活動は・・交信もそうですが、工作したりも。
後はコンテストでしょうね。
4月のオールJA、7月の6mダウン、8月のフィールドディ、10月の全市全郡と。
楽しみだったのはフィールドディコンテストでしたね。
夏休みの真っ最中に学校へ一度行き、そこから移動地へバス移動とか。
自分たちで食事の準備したり、まるでキャンプ気分。

仲間達との活動がまた良かったのかもしれません。




さて、当時の私は4級こそ取りましたが。
そこから先が進みませんでしたね。

今思うと、当時に2アマまで取れてたらまた違ったのかな~と思います。
結局4級のまま高専卒業します。

高専でのクラブ局時代が私の下積みなんでしょうね。
あまり勉強もせずによく卒業できました(爆

個人開局・・実は、卒業後に1エリアでしちゃってます。
きっかけ?「私をスキーに連れてって」なんて言うと軽いですか?
ですが、スキーも得意だった私にはハンディ機は必要だったんですよね。
当時何使ったかな~・・144/430でJP1コールだったのは覚えてます。


就職から2年・・Uターンして・・・。


地元で就職し直します。
良かったのは、働き口があったこと。

就職し直した私の環境はまずまず。
無線もそのままのコールでしばらくしてましたが・・。
ま~紆余曲折をへて、無線と遠ざかります。

パソコンとインターネット、そしてデジカメ、ケータイ・・・。

ついに、コールサインを失効します。
で、なぜか4級の従免を紛失してしまいます。


結婚と2011.3.11を経て・・・。

2006年に結婚した私は、名字が変わりました。
住所も当然なんですが、名字が変わったことで色々な物の名義を訂正・・。
その時は、まだ4級従免の氏名変更まで手が回りませんでした。

そう・・震災を経験するまではね。
震災時にアマチュア無線が役に立ったと後から知ります。
そして、紛失届と氏名変更を同時に行いました。

そこから、現状を知ります。
上級試験が受けやすくなったことや電子申請等・・・。

新たに4級の従免をもらい受けたのをきっかけに、2級へチャレンジ!
昨年12月期を一発合格!

そして、どうせならと今年4月期の1級も!
お陰様で一発合格です!

通信術が無くなったとはいえ、試験合格率は著しく上がってません。
やはり、求められるものは法規の理解!


ともあれ、3月末に開局しHFデビューは5月・・・。
いや~重複なしで1200局と交信出来ました、今日までで。

高専時代を思いながら、改めてアマチュア無線に触れられるようになった自分・・・。
今の家族に、高専時代の先輩達、同級生に・・なにより魅力を教えてくれた恩師に感謝です。

ひとまず回顧はこれにて<(_ _)>






関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/49-d33bfbb1