タイトル画像

8J1RL南極昭和基地特別局

2014.05.05(22:51)

インフォメーションでお伝えしたとおり、8J1RL「南極昭和基地」局とジュニア局(18歳以下の個人、及び社団局)の
こどもの日特別運用が実施されました。

開始時は聞けませんでしたが、途中からワッチする事が出来ました。
今年もたくさんの局がQSOできたのかな~と思うのですが。

これを今後も継続させていくには、色んな事を考える必要があると思うのです。

○8J1RLへのサポート

 折角、毎年のように5月5日に特別運用をするのなら、もっとサポートすべきです。
海外のペディション局には皆さん、何かしらドネーションしませんか?
それには、もっと広報の幅を広げた方がイイと思うのですけど・・これは私個人の考えですが。
折角のJARL特別局・・しかも南極でしょ!
JARL社員の方々はどういうお考えなんでしょうね~。

○8J1RLを理解する

 彼らは、南極という極地で様々な研究・調査業務に準じてます。
まずは、その事を理解しておかないと・・と思うのです。
先日、ブログにてコメントを交わしましたが、虚偽のデータを送りつけたりしてでもQSLを得ようとする
局がかなり居る事実を知り得ました。

 まず、QSOもしないで、QSLを得ようという考え・・いかがなんでしょう?
私には理解できませんね~。誰か教えて?

 特に海外局に見られるのが、QSLカードの催促だそうで。
その対策としての、eQSLだとか・・。
このeQSLにしたって、JARLが何かサポートしてるわけじゃなさそう・・・。
JARLさん、もっと現場の声を拾ってあげないと・・・。

 LoTWが使えるようなれば、もう少し改善されると思うのですが・・。
ここでも、JARLさんの力不足が見え隠れしますね・・。

○思ったこと・・・

これからが寒くなる厳冬期を迎える8J1RLに何か出来ないのかな~と。
今日のQSOをワッチして居て思いました。
どれだけの子供達が南極とのQSOを楽しめたのでしょうか?

私の環境でも、21MHZ・SSBの受信が出来ました。
いつか自分がSSBにてQSO出来るのを楽しみに、8J1RLを応援したいと思います。




関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/296-94256bf5