フットスイッチ導入~

2014.01.29(21:05)

今日、Amazonで届いたフットスイッチ・・。
お昼休みに設置して、使ってみました。

今回も、何の気なしにCQ誌を読んでいて・・。
「そういや~昔はマイクとリグの間に割り込ませてたよな~」

記事を読むと・・USB!でPCからログソフト経由でPTT制御!!

導入も簡単でしたので。

届いた箱の中身には。
本体・CD・簡単説明書の三点。
さすが、メイドイン中華です。

①本体をPCに接続
念のためにUSBケーブルはフェライトコアへ巻いてみました。
写真の向きが(^^ゞ

フットスイッチ設置

この時点で、デバイスをOSが自動認識しました。

②付属のCDから設定用ソフトをインストール
インストールできるとこんなアイコンができます。

設定ソフト

設定ソフトからこんな感じで設定してみました。

設定画面です。
見て分かるように、フットスイッチは3個あります。
今回はPTT制御ですが、他の機能もいけます。

設定画面
設定後は、ソフト終了させます。


③ハムログを起動して環境設定

今回はPTTのON/OFF制御を。
②で設定したキーに割り付けます。
割り付けたら、OKを押下し、保存をクリックしましょう。

ハムログの設定
④設定後、一度ハムログを終了し再起動させます。

⑤フットスイッチを踏んでみて動作確認

問題なく動作しました。

オン

以上でしょうか。

早速、試して4局ほどQSOしてみました。
ペダルが3つあるので、他のよく使うキーも入れるとさらに楽になるかと感じます。

ちなみにですが、2台のリグで扱う時もログウィンドウがアクティブな方のリグをコントロールしました。
ペダルにログのA/Bの表示を割り付けておけば2台のリグコントロールもOKですよね。

なかなか面白いと思います。

踏み方にちょっとコツがあるかな~と思います。
要は慣れだと思うのですが。

両手が空いてくるので、ログソフトの操作性は上がると思います。

果たして、どの程度持つかの耐久性はこれからになりますね。
しばらく使って、またレポートしようかと思います。

ではまた。
関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/184-c7f0d039