タイトル画像

LDG「Z-11ProⅡ」を壊してました

2018.03.22(12:45) 1293

チューニングに時間が掛かっていたアンテナチューナー「LDG Z-11ProⅡ」

昨日、外したら内蔵チューナーでピタッと同調し問題無く。
夜のお楽しみタイムに中を開けてみました。

すると・・・。

ん!コイルが損傷してる!!

201803221000409d0.jpeg

コレじゃチューニングしないのも当然です。
見事に焼けてます。

ひとまず原因が分かりました。
トロイダルコアは割れてないようなので、銅線巻き直しで直るか?

最悪の場合はリレーとコアを準備です。
ここはゆっくり直します。

で、なぜこうなったかの調査です。
大抵はパワーの掛けすぎだと思うのですが・・・。

思い当たる要因が出てきました。
チューニング後の送信チェックと仕様確認ミスでした。

まず、このチューナーの仕様を再度確認すると。

•.1 to 125 watts SSB and CW peak power, 30 watts on PSK and digital modes, and 100 watts on 6 meters.

と明記されてます。
ここで私はミスしてました。
連続だと30Wが上限だと言うのをスッカリ忘れてたんです。

それで、チューニング後に100Wを連続モードで何度もやれば・・・。
こうなりますわね。

久々に「やっちまった~」です。

代替機を探しながら、修理もしてみようかと。
幸い、スポットヒーターを持っていたのでご覧の通りに。

2018032210021820c.jpeg


修理にチャレンジしてみようと思います。

今回はアンテナチューナーが犠牲になってくれたようなものですね。
今後は十分確認しようと思いました。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村



関連記事


JP7GRU's Log & Photo


<<今年のデルタループアンテナは・・ | ホームへ | アンテナトラブルシューティング>>
コメント
こんにちは。
連続は30Wまででしたか。
それは私も知りませんでした。
連続100Wに耐えるものが必要ですね。

コイル巻き直しで済むといいですね。
壊れた時はスパークが飛びまくったのでしょうか。凄い状態ですね。
【2018/03/22 13:02】 | JO1KVS #RrjAJYqs | [edit]
あらあら、見事に焼け切れてしまってますね
巻き直しで復旧してくれると良いですよね(;^_^A
【2018/03/22 13:15】 | JM1NCT@あき #jcOaHd1Q | [edit]
KVSさん

こんにちは。
今回は写真有り難うございます。

コア割れしてないようなので、巻くだけで大丈夫かな~と。
私の場合は、チューニングに異常に時間が掛かり、ランプはグリーンが点灯したり。
でも、受信音が聞こえなかったです。

RTTYを100Wで運用はダメになりますね。
連続100Wとなると海外製になるのかと思います。
【2018/03/22 18:14】 | EOSマン(JP7GRU) #- | [edit]
こんにちは。

開けたら、焼けた臭いがしました。
後は写真の通りです、は~凹みましたよ。

残りのチューナーは大丈夫でした。
巻き直しに挑戦です、ハイ。
【2018/03/22 18:18】 | EOSマン(JP7GRU) #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/1293-b1351cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)