FC2ブログ

アマチュア無線用PCを考えてみた

2018.02.23(13:00)

PC・・パーソナルコンピュータと言うモノに出会って、30年を越えましたが。
学校内にあったのは、NECのPC-98、88シリーズが大半でした。

卒業後、数年経った頃に計算機室を訪問したときには端末にFM16βを使って居て、感心したモノです。

私自身、自分の元にPCが来たのは随分後のことです。
ま、その辺は過去記事にも記しました。

PCを自作した居た頃はアマチュア無線から遠ざかり、デジタル写真を撮ることを考えて作っていたなぁ~と。

では、アマチュア無線を運用するに必要なPCの仕様ってどうだろう?と。
パターンを考えてみました。

  • やはり2台必要なのか?

移動用と固定用に2台欲しいか?と言われたら私は2台欲しいかな~と思います。
で、今のThinkPadと自作ミドルタワーPCが有るわけですが。
移動用はシンプルにログソフトが2つ入ってます、ハムログとCtestwin。
どちらもソフトの動作が軽いので、余りハイスペックでは無いです。


  • 起動速度の速いPC?
今、新規にPCを用意するなら起動ディスクを重要視します。
今でしたら、SSDも比較的安価に入手出来ますから、80~120GBのSSDを用意しておくのがお勧めですね。
HDDと違ってエラーも低く有利ですよね。

メモリはノートPCなら4GBで十分と思います。
要はOSが起動する時間とその後の空きメモリがどうなのか?
ここのバランスが重要と思います。


  • CPUは最低でもデュアルコア?
ログ管理だけならシングルコアも有りと思いますが。
余程古いPCでOSもWindowsXPと限定的になります。
JTモード、FT8も視野に入れるなら4コア以上のCPUが良いと思います。


  • 必須となったUSB、ブルートゥース

今の無縁機、最低限USBが無いと話にならない状況になりました。
デジタルモードの影響が大きいと思います。
マウスを使うならワイヤレス、ブルートゥースでしょうね。


  • 使うソフトで仕様を決める
仕様を決める前に、どのモードでどういう運用をしていくのか?
それを予め書き出しておくと良いのかもしれませんね。

私は今、アマチュア無線で使うソフトがこれだけあります。
・TurboHAMLOG
・Ctestwin
・JT65ーHF HB9HQX
・WSJT-X
・RS-BA1
・HDSDR
・SDRConsole
・CWSkimmer
・BandMaster
・PCC-5000
・TQSL
・DX Atlas

モニターが2つ有った方がイイのも頷けてきます。
必ず、ログソフトは起動されてバンドモニター系のソフトも連携するわけですから。
クラスターチェックするのにWebブラウザもでしょう。


  • CPUパワーが必要なSDRソフト
これはホントです。
同時にメモリも欲しくなるのでSDRを導入するなら、ハイスペックマシンが良いかも。


  • 自作する?それともメーカー製?
私は自作PCが1台、ノートはメーカー製です。
選択肢としては他にショップブランドのBTOもあります。
自作PCは初期費用がやや高くなりますが、余計なソフトが無いというメリットも。
更にパーツの入れ替えである程度性能を維持できますよね~。


  • 結局どうするか?
最新PCでなくてもWindows7以降、4コア以上で、メモリが8GB搭載されてれば十分と思います。
ディスク容量は起動用をSSDで250GB、データ保存用で2TBのHDD。
本体に要求するレベルはこんな程度で。
あ、グラフィックスカードはお好みで良いのでは。でも、デュアルモニターするならミドルレンジはいるかも。

実際の所、私のノートPCはWin7、32bit仕様でデュアルコア、メモリ3GBにSSDでログソフト専用にしてます。


思ったことを書いてみました。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ






関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/1278-0705d800