タイトル画像

LANケーブルを替える意味

2017.10.31(18:47) 1230

25日にネット回線をギガラインにしてみましたが。
効果は確かに有ります。

特に有線で繋いでいる事務所PCは今まで以上にストレスが解消されました。
ですが、LANケーブルの規格を見落とし。

オーディオにしろアマチュア無線にしろ、「接続ケーブルは太く短く」です。
LANケーブルも適切な長さのモノを使ってきたつもりでしたが、規格がね・・・。

ちなみに、ルーターに付属の短いLANケーブル。
あれの規格CAT5eです。

意外にそのまま使ってませんか?

私、今回のルーター交換でそのまさかをしてました。
折角の1Gbpsを半分殺してるようなモノでした。
伝送帯域が100MHZしかないんですね~。

他にもどこかで使ってるか?
見ました・・・ありました!

なんと二階の「WG1900HP」とスイッチングハブの間。
しかも無駄に長い10m以上のケーブル。
恐らく、独身時代に買ったと推測すれば10年以上前のモノです。

スイッチングハブとメインPC間のケーブルはCAT6。
これも7年以上使ってきたような・・・。
ケーブルも経年劣化しますから、同時交換してみました。


選んだのはエレコムのCAT6A、場所に応じてフラットタイプや通常のタイプと使い分け。


誤差範囲とは思えないのが、2階での状況です。
時間帯で回線速度は変わりますが、それでも。

radish002.png

この時間帯でこの下り速度、無線LANで出るんですね~。

一概に全てが良くなるとは言いませんが、少しは安定して速度が出るのは分かりました。
メールの受信も爆速になりましたので。

一番の恩恵はiPhone7Plusです。
ルーターを全替えしたのは正解だったようです。

同時に長く使ってるLANケーブルも10年で一度見直しては良いかと。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ




関連記事


JP7GRU's Log & Photo


<<LEDシーリングライト装着です。 | ホームへ | SD330で構築かそれとも・・・?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/1230-4774cf3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)