SDRのソフトお試し中~

2017.03.30(17:00)

先日入手した「SDRplay RSP2」なんですが、一般的な受信機とは違います。
普通の受信機なら電源スイッチがあったりするんですが、一切ありません。

じゃあどうやって受信するか・・・。
ソフトウェアを使います、なのでSoftware Defined Radioだそうで。
非常に可能性を持ったものと認識しました。

詳しい説明は、他のサイトで説明してますのでここでは省略します。

では、本題。


今回RSP2を購入した際にソフトウェアがいくつかあることを知りました。
取りあえずは、HDSDRを導入してみましたが。

もう一つ使ってみてます。
それが、SDR Consoleです。

起動中の画面を見た方が早いと思いますので。


このソフトは、SDRハードを複数持った場合に非常に有効なんだそうで。
どういうことかというと。

sdr console2-1
複数のSDRハードを持っていると、上の画面に複数表示されて、選んで起動する事が出来ると。
ハードを複数持っていてもソフトはコレ一つ、しかもソフトのインターフェースが変わらないのです。

7MHZを受信中の画面です。

sdr console2-2

言語は英語ですが、無線機と思えば一目でその機能が分かるようになってます。
機能の豊富さ、画面の精細さに正直感動です。

なるほど、こう言っては失礼ですが、国内無線機メーカーはやや遅れてるように感じます。
受信専用の広帯域アンテナを使えば、聞きたいバンドに即アクセス出来ますからね。

音の処理もイイと思います。
帯域フィルターも色々あって悩みそうですが、2.4Kを選択して。
その後画面を見ながら微調整が出来るという・・・。

モードも各種有りました。
試しにAMモードでBCLしましたら音が良い~。

普段使いにはこちらが良いな~と思いました。

ところで、無線機とSDR本体のつなぎ方です。
受信専用のアンテナがあればSDRと直結もイイかと思います。
ただし、送信アンテナとの距離を十分に置き、アッテネータを入れるべきです。

私の場合はFTDX5000MPなのですが、IF-OUTが有ったのでそれを使ってます。
接続前に、メニューモードからIF-OUTを有効にしておきます。

受信アンテナからの直接入力ではありませんでしたが、特段問題無かったです。
逆に送信時の過入力が防げると思うのですが・・・。
それは今後検討していこうと思います。




ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/1109-0c807f9c