無線機を魅力的に撮ってみる?

2017.01.04(15:15)

三が日も終わって今日から仕事という方が多いのでしょうか?
2日から慣らした分、普段通りになりました。

さて、本日はアマチュア無線と写真のコラボネタです。
毎日の様に使ってる愛用の無線機を魅力的に写真に撮れたら・・・。

そんな事をふと考えたので、まずはスマホ活用でアプローチです。
スマホのカメラも性能・機能とも十分な位になりましたよね。

折角のスマホ、小ささを生かして色んな角度から撮ると魅力的に見えると思います。
一例を撮ってみました。

20170103215239cd0.jpg

全体を正面から撮ると普通ですが、こうして角度を付けて切り取るだけで雰囲気が変わります。
もう1枚です。

201701032157321c6.jpg

少し引き気味に撮ると、余計なモノが入る場合があります。
上の写真の場合は説明的になるかな~?

何をどう魅せたいのかで撮る位置が分かるかと思います。
そういう意味では、小さく軽いスマホは十分使える機材であることが理解できます。

次の写真です。
20170103220428083.jpg

少し大きくしてますが、違いはボケが出ているという点です。
コレは、iPhone7Plusのポートレイトモードを使ってみました。
余計なモノはありますが、ぼかしを入れるだけで見た感じが変わるのがよく分かると思います。

今のスマホはこのように機能を使っていくと、それなりの写真作成が出来ます。
後は少しずつ、ブツ撮りの基本を覚えて行きます。

次の写真です。

20170103221412d9c.jpg

何が変わったかお分かりかと思います。
光の当て方とその量です。
雰囲気が変わったのがよく分かります。

部屋の照明を落としてスタンドライトのみの光源です。
後は・・背景も少し替えました。

では次です。

20170103222156dc9.jpg

あえてポップガードを入れました。
無くても良いと思うのですが、入れることで分かる人には十分伝わると思うのですが如何でしょう?
この構図なら、QSLカードのデザインにも十分使えそうです。

そうなると、画質クオリティを上げたくなるのでデジイチを使うわけです。
今回はまだ使いません。

有ると便利なモノをひとつ。
LEDライトがお勧めです。

私の場合はLEDヘッドランプを使ってみました。

20170103223554b07.jpg

角度が変わって申し訳無いのですが、光が二方向から当たってるのが分かるかと思います。
あまり直接的に当てるよりも、間接的にした方が良さそうです。

20170103224121156.jpg

201701032243060e3.jpg

微妙な光の当て方で影の出方が調整できます。
下の写真では、ポートレイトモードにして背景のぼかしも入れました。

スマホカメラの角度、光の当て方と量、ぼかすという要素を今回は取り上げました。
こんな感じで、ぜひ自分だけの1枚を撮って頂きたいな~と思います。



関連記事

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jp7gru.blog.fc2.com/tb.php/1052-9020466d