タイトル画像

SDR Console(v2.3)の設定

2017.03.30(22:20) 1110

私が情報を頂いたVQAさんのブログを拝見していたら、周波数コントロールがConsoleから出来ないと。

うん?と思い。
私の設定状況を残します。

条件として、Omni-Rigとリグがキチンとコントロール出来てる事。

では、キャプチャー画面で。
SDR Consoleを起動します。

Screenshot-2017-03-30-210838.png

ExternalRadioを有効にしますと、左下(私の場合)に状態が。
パワーオフとなってるのでONにします。

exton.png

ONになると上の画面のようになります。
リグ本体と同じ表示であることを確認します。

ここでSDR Consoleと同期させます。
上の画面で、「Track」にチェックを入れます。

douki.png

これでリグ本体と同じ状態になります。
SDR Consoleから周波数を動かす場合はVFOチューニング画面を。

Screenshot-2017-03-30-212922.png

Consoleから周波数を操作してリグ本体が動けばOK!

VFO「B」を有効にします。
ConsoleのVFOを見て「VFOs」でVFO「B」を押してハイライトすればOKでした。

最終的にはこんな感じに出来ます。

console 02


SDR Consoleで完全2波受信ですね。
画面上の設定は青で囲った部分です。

私も不十分なのかもしれませんが、参考になればと思います。
あ、ソフトのバージョンはV2.3なので、V3については未検証です。
いずれ、検証しようと思います。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

SDRのソフトお試し中~

2017.03.30(17:00) 1109

先日入手した「SDRplay RSP2」なんですが、一般的な受信機とは違います。
普通の受信機なら電源スイッチがあったりするんですが、一切ありません。

じゃあどうやって受信するか・・・。
ソフトウェアを使います、なのでSoftware Defined Radioだそうで。
非常に可能性を持ったものと認識しました。

詳しい説明は、他のサイトで説明してますのでここでは省略します。

では、本題。


今回RSP2を購入した際にソフトウェアがいくつかあることを知りました。
取りあえずは、HDSDRを導入してみましたが。

もう一つ使ってみてます。
それが、SDR Consoleです。

起動中の画面を見た方が早いと思いますので。


このソフトは、SDRハードを複数持った場合に非常に有効なんだそうで。
どういうことかというと。

sdr console2-1
複数のSDRハードを持っていると、上の画面に複数表示されて、選んで起動する事が出来ると。
ハードを複数持っていてもソフトはコレ一つ、しかもソフトのインターフェースが変わらないのです。

7MHZを受信中の画面です。

sdr console2-2

言語は英語ですが、無線機と思えば一目でその機能が分かるようになってます。
機能の豊富さ、画面の精細さに正直感動です。

なるほど、こう言っては失礼ですが、国内無線機メーカーはやや遅れてるように感じます。
受信専用の広帯域アンテナを使えば、聞きたいバンドに即アクセス出来ますからね。

音の処理もイイと思います。
帯域フィルターも色々あって悩みそうですが、2.4Kを選択して。
その後画面を見ながら微調整が出来るという・・・。

モードも各種有りました。
試しにAMモードでBCLしましたら音が良い~。

普段使いにはこちらが良いな~と思いました。

ところで、無線機とSDR本体のつなぎ方です。
受信専用のアンテナがあればSDRと直結もイイかと思います。
ただし、送信アンテナとの距離を十分に置き、アッテネータを入れるべきです。

私の場合はFTDX5000MPなのですが、IF-OUTが有ったのでそれを使ってます。
接続前に、メニューモードからIF-OUTを有効にしておきます。

受信アンテナからの直接入力ではありませんでしたが、特段問題無かったです。
逆に送信時の過入力が防げると思うのですが・・・。
それは今後検討していこうと思います。




ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

FTDX5000MP+α

2017.03.29(18:30) 1108

FTDX5000MPを使っていて、バンド内の様子を見たいときに手間取ってます。
IC-7300で見ても良いのですが、WF画面が小っさいのが玉に瑕です。

DMU2000では精細さに今ひとつ・・・。
で、検討してましたらこんな物を見つけました。

201703282307529b3.jpg

SDRplay RSP2と言うやつなんですが、端的に言えば受信機ですね。
随分前から使う人は使ってるというやつです。

SDRのハードはいわゆるピンからキリまででして。
RSP2は後発なのですが、サウンドカードを必要としない分、面倒な設定がある程度省略されてるようです。


今回の入手ルートはRPJさん経由、諸経費込みで25kでした。
土曜にオーダー~決済を経て火曜日到着。
前日には必要なケーブル・コネクターも届きましたから、一応準備はOKかと思います。

手順は使用するソフトを決め、デバイスドライバをインストールしながらソフトもインストール。
その後、RSP2を接続しながらソフトの初期設定のようでした。

最終的に、今使ってるCWSkimmerを使いこなしたいので。
HDSDRを使うことにしました。

まずはHDSDRを導入するのですが、本家サイトよりもこちらで。

sdr play 1
RSP2用のデバイスドライバなんかも入ってる模様です。

順調に進むと、途中で本体をPCに繋ぐようポップアップが。
USBケーブルで空いてるポートに繋いでひとまずOK。

次に無線機とRSP2を接続。
ひとまず、ソフトを起動させました。

sdr play2

JT65のソフトを動かしながらですが、特に問題無いようです。

他のソフトも気になりますので、お試ししようと思います。


で、結果の画面を。
SDR 3

何とかここまで出来ました。
詳細は次にします。



ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

WW WPX SSB ログ提出

2017.03.28(12:30) 1107

先日の土曜~昨日朝まで開催された「CQ WW WPX SSB」コンテスト。
最低レベルな結果に終わりましたが、ログ提出しました。

コンディションの影響があるとはいえ、50局もいかないとはねぇ~。
集中して出来なかったのが一番の原因でしょうか?

やはり、DXメインのコンテストにはFTDX5000MPを使うべきだったかな~と。
IC-7300で何処まで?という事になるのですが、アンテナの使い分けとコンディションの読みですね。
今回は、テスト中のデルタループも使いました。

土曜は始まって1時間近く経ってから仕事の合間を見ながら。
弱いかな~と聞き始めた「A31MM」にループアンテナで呼んだら、一発コールバック!
あ、これならって思いますよね。

暫くしてLU1がキレイに聞こえたので、呼びましたらコレも一発コールバック!
期待して小1時間ほど、呼び廻りました。

仕事もしなきゃいけないので、暫くリモートワッチ・・・。
コンディションは上がりませんでしたね。

土曜夕方~夜も仕事終わってからなので・・・7MHZはRDL4015で。
近場しか聞こえなかった・・。Wを何とか拾ったりしましたが。

日曜の午前は14~28MHZをウロウロと・・・・。
28MHZでVKやDUが聞こえましたから、信号が強くなったところで呼んでQSO成功!
4局くらいしか出来ませんでした( ̄。 ̄;)

21MHZは少し良かったと思いますが、前日呼んだ局がほとんど。

これ以上はもう無理~と終了しました。
夜も少ししましたけどね。

以上です。



ログは早く出すに越したことはありませんね。
コンテスト終了後5日間以内に提出がルールですから、確か。

次は国内のオール東北を予定してます。
しかし、日曜も午後から仕事・・・参ってました( ̄。 ̄;)



ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

カメラ三脚に代わる物

2017.03.23(21:00) 1106

え~いくら大型のカメラ三脚でも限界はあります。
デルタループアンテナの架台を考えないといけないようで。

アンテナ部分の改善と共に架台部分をどうするか・・・。
考えてみました。

先日の一件で、ネジを折ってしまったわけですが。
これでカメラネジに使うマストはNGとなりました。

何か使える物は無いかと探す条件として。

片屋根で安定して立つ。
アンテナマストの機能がありそうなパイプ部材。

パイプ部材としてはステンレス鋼管やメッキ鋼管、いわゆる足場用単管があります。
入手しやすさなら単管が一番でしょうかね~。

ただ、自分で切断となると少々面倒かも。
まぁ、ホームセンターで加工サービスがあったと思うのですが。

ある程度の仕上がりも望みたいのですが・・・。

何か良い材料は無いかなぁ~ネットで調査中です( ̄。 ̄;)




ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村



JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

ループアンテナのマッチング状況

2017.03.23(17:10) 1105

え~先日に仮設したループアンテナなんですが。
一昨日の夜中・・・突風で倒壊!
一番肝のマスト部分!雲台ネジを折るという失態( ̄0 ̄)

仮設アンテナは、不測の事態に備えろという事です。
幸い、三脚のエレベーター部を抜いて手持ちの金属パイプで応急処置しました。

常設するには強風の対策が必須なので、当面風速5m以上が予測されるときは外しておく事に。

さて、仮設でもテストは重ねてます。

IC-7300とLDG Z-11ProⅡの組み合わせて何処まで出来るのか・・・。
各バンドの状況です。


18MHZ

201703231142289f9.jpg

21MHZ

20170323114315ea4.jpg

14MHZ

20170323114411ff5.jpg

28MHZ

20170323114442b87.jpg

50MHZ

20170323114500560.jpg


下のバンドもチューニング自体はとれます。
3.5MHZでも取れたのには驚きでしたが、チューナーには負担が掛かってるようです。
多分飛ばないでしょう。

良いところ7MHZ止まりと思います。

10MHZ CWも国内は問題なし、S21ZEEとも599/599でいけました。

データを見る限りでは、テストしたバンドで問題無く使えそうです。
こうなると、コンテストやコンディションに合わせてアンテナの使い分けが期待できます。

で、RDL4015との干渉はあるのか~とみましたが。
今のところ問題無いようで。
7/21MHZに関してはRDL4015をメインに今後もいきます。

で、SD330なんですが。
どうしたものかな~と考えてます。

デルタループにLDGチューナーだと10~28MHZで即QRV出来る体制になるのに対して。
SD330では、コントローラで手動調整がバンド毎に必要になります。

まあ、それでもチューニングが取れれば飛んでくれるので、荒天時用のアンテナとしてでしょうかね。
設置場所を変えながら様子をうかがいたいと思います。



ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村




JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

デルタループアンテナの仮設

2017.03.20(16:00) 1103

さて、先日より部材を集めてましたが。
一通り揃ったので仮設してみました。

メインのバンドは18MHZ・・・となると最低18m以上のエレメントが欲しいところです。
テストなので、手持ちの被覆電線を使ってみることに。

エレメントは、まず結束バンドで竿に止めていくようにしました。
調整分を考えながら竿元から竿先へと。

竿の穂先は切り落としました。
20cm程度です。

竿を一度短くして、マウントに取り付けです。
取り付けたら、外に出して・・・。

これを前日の夜に仕込みました。

で、今朝は6時前に起床して、準備しました。

仮設なので仕舞いやすさを考えて、カメラ三脚を用意。
以前に買っておいたカメラ用のマストも。

竿を伸ばして・・・マストに取り付けです。

一番最初はエレメントが長すぎたようで、共振点も何も見えない状態。
エレメントを少しずつ切り詰めて形が整うとアナライザーはキチンと表示しました。

201703200929427a3.jpg

お、イイ感じです。
しかし、うちの設置環境は宜しくありません。

建物や電力線との位置関係を見ながら、微妙に位置を調節。
最初は三脚の脚部を使わずに、エレベーターで高さも調節してみました。

20170320093015e98.jpg

一通り出来たところで、再確認。

2017032009300062d.jpg

ひとまずこの状態でテストすることにします。

設営状況の写真です。

20170320093111945.jpg

しかし、建物に近い!
飛ぶのか~と不安です。

20170320093138615.jpg

給電部はと言うと・・・。

201703200932081dd.jpg

結構いい加減です。

さて、バンドコンディションを見ながら運用テストです。
18MHZではFTDX5000MPでもSWRは2.0以下でしたが、それ以外は無理でした。

一方のIC-7300ですが。
LDGチューナーが威力を発揮です。
7MHZでもチューニングはとれました。ただし、耳は調整済のダイポールより落ちます。
10~21MHZで使えそうな気配です。

CQ出してる局を呼ぶと、聞き返される事無くコールバック。
国内局には問題無さそうです。

DXを14、18で呼びました。
これもOK!

テスト自体は合格と言えます。

今後はエレメントを変更して釣り竿の中に通す仕様にしたいと思います。

組み立て設置は早朝、運用試験は午前中~午後の空き時間を。
撮影も午前中の空き時間利用です(^^ゞ

今日日中のデルタループでの交信結果。

14MHZ CW JF2TOG/0、V73NS
10MHZ CW JR3OQJ
18MHZ SSB  V633KS
21MHZ SSB JS6TKM

以上、有り難うございました。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

CQ ham radio 2017年4月号 お譲りします

2017.03.19(00:01) 1102

え~と・・・午前中に問屋経由定期分が!夕方に献本が!

2冊同じ、「CQ ham radio 2017年4月号」あります。

2017031823585090f.jpg

2冊持っていても勿体ないので、1冊お譲りします。

送料着払いになります。
雑誌分は無料で。
先着1名様です。

CQ誌希望のタイトルでコメント下さいませ。
お待ちしてます<(_ _)>

行き先決まりました。
有難うございました<(_ _)>

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村




JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

CQ ham radio誌 4月号 別冊に掲載されました

2017.03.18(10:36) 1101

え~本日、CQ誌発売日。
先程、書籍問屋さんから届きました、2017年4月号ですが。

別冊付録「リモート・シャック構築ガイド」の誌面で、当ブログサイトが紹介されました。
最終ページに小さくですが、掲載されるとやはり嬉しい物です。

IC-7300のリモートコントロール記事を見つけてくれてたんですね~。
関係各所にお礼申し上げます。

これを機に、ブログ内の記事分類を整理しますので宜しくお願いします。

機種毎に分けた方がイイかな~と考えてます。

これを励みに続けていきますので<(_ _)>

折角なので写真。

20170318103210a12.jpg

最終49ページに。

20170318103234414.jpg

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

IC-7610のプレスリリース

2017.03.16(21:33) 1100

いつかな~と思っていたIC-7610・・・。

本日、プレスリリースが出たようで。
5月発売予定となってました。

近くでイベントしてくれないかな~。
買う予定はありませんけどね( ̄。 ̄;)



ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


JP7GRU's Log & Photo


2017年03月
  1. SDR Console(v2.3)の設定(03/30)
  2. SDRのソフトお試し中~(03/30)
  3. FTDX5000MP+α(03/29)
  4. WW WPX SSB ログ提出(03/28)
  5. カメラ三脚に代わる物(03/23)
  6. ループアンテナのマッチング状況(03/23)
  7. デルタループアンテナの仮設(03/20)
  8. CQ ham radio 2017年4月号 お譲りします(03/19)
  9. CQ ham radio誌 4月号 別冊に掲載されました(03/18)
  10. IC-7610のプレスリリース(03/16)
次のページ
次のページ