FC2ブログ

タイトル画像

上位機は見つけたら買い時?

2018.03.28(18:00) 1299

先日、アンテナチューナー「LDG Z-11ProⅡ」の2台目を手にしましたが。

やはり、デジタルモードの30W上限はちょっとつらいです。
で、どうしたものかとオクを徘徊・・・上位機の「AT-200ProⅡ」が出てましてウォッチリストへ。
調べると、こちらは75W連続だそうです。

HFは250W(CW、SSB)50MHZでは100W。
整合範囲が6-800Ω(HF)と悩ましいところでした。

そうしてる内に、今度は最近こそ利用が減っていた「中古無線機本舗」さんでも入荷。
程度も良く説明書と元箱付・・・見つけた時がチャンスか?と

数分悩んでオーダーしてました。
で、本日届いております。


at200pro2.jpeg  


アンテナは2系統使え、バイパスモードへも簡単に出来るし。
赤いメーターが気にはなりますが許容範囲です。

これで、LDGチューナーが3台になりました。



一番上が不動品です。
紛らわしいので分かるようにしておきますかね~。

ちょっと散財してしまいました。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

アマチュア無線用PCを考えてみた

2018.02.23(13:00) 1278

PC・・パーソナルコンピュータと言うモノに出会って、30年を越えましたが。
学校内にあったのは、NECのPC-98、88シリーズが大半でした。

卒業後、数年経った頃に計算機室を訪問したときには端末にFM16βを使って居て、感心したモノです。

私自身、自分の元にPCが来たのは随分後のことです。
ま、その辺は過去記事にも記しました。

PCを自作した居た頃はアマチュア無線から遠ざかり、デジタル写真を撮ることを考えて作っていたなぁ~と。

では、アマチュア無線を運用するに必要なPCの仕様ってどうだろう?と。
パターンを考えてみました。

  • やはり2台必要なのか?

移動用と固定用に2台欲しいか?と言われたら私は2台欲しいかな~と思います。
で、今のThinkPadと自作ミドルタワーPCが有るわけですが。
移動用はシンプルにログソフトが2つ入ってます、ハムログとCtestwin。
どちらもソフトの動作が軽いので、余りハイスペックでは無いです。


  • 起動速度の速いPC?
今、新規にPCを用意するなら起動ディスクを重要視します。
今でしたら、SSDも比較的安価に入手出来ますから、80~120GBのSSDを用意しておくのがお勧めですね。
HDDと違ってエラーも低く有利ですよね。

メモリはノートPCなら4GBで十分と思います。
要はOSが起動する時間とその後の空きメモリがどうなのか?
ここのバランスが重要と思います。


  • CPUは最低でもデュアルコア?
ログ管理だけならシングルコアも有りと思いますが。
余程古いPCでOSもWindowsXPと限定的になります。
JTモード、FT8も視野に入れるなら4コア以上のCPUが良いと思います。


  • 必須となったUSB、ブルートゥース

今の無縁機、最低限USBが無いと話にならない状況になりました。
デジタルモードの影響が大きいと思います。
マウスを使うならワイヤレス、ブルートゥースでしょうね。


  • 使うソフトで仕様を決める
仕様を決める前に、どのモードでどういう運用をしていくのか?
それを予め書き出しておくと良いのかもしれませんね。

私は今、アマチュア無線で使うソフトがこれだけあります。
・TurboHAMLOG
・Ctestwin
・JT65ーHF HB9HQX
・WSJT-X
・RS-BA1
・HDSDR
・SDRConsole
・CWSkimmer
・BandMaster
・PCC-5000
・TQSL
・DX Atlas

モニターが2つ有った方がイイのも頷けてきます。
必ず、ログソフトは起動されてバンドモニター系のソフトも連携するわけですから。
クラスターチェックするのにWebブラウザもでしょう。


  • CPUパワーが必要なSDRソフト
これはホントです。
同時にメモリも欲しくなるのでSDRを導入するなら、ハイスペックマシンが良いかも。


  • 自作する?それともメーカー製?
私は自作PCが1台、ノートはメーカー製です。
選択肢としては他にショップブランドのBTOもあります。
自作PCは初期費用がやや高くなりますが、余計なソフトが無いというメリットも。
更にパーツの入れ替えである程度性能を維持できますよね~。


  • 結局どうするか?
最新PCでなくてもWindows7以降、4コア以上で、メモリが8GB搭載されてれば十分と思います。
ディスク容量は起動用をSSDで250GB、データ保存用で2TBのHDD。
本体に要求するレベルはこんな程度で。
あ、グラフィックスカードはお好みで良いのでは。でも、デュアルモニターするならミドルレンジはいるかも。

実際の所、私のノートPCはWin7、32bit仕様でデュアルコア、メモリ3GBにSSDでログソフト専用にしてます。


思ったことを書いてみました。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ






⇒アマチュア無線用PCを考えてみたの続きを読む

JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

MFJ-267の恩恵

2018.01.31(17:30) 1276

1月も今日で終わりです。
早いなぁ~と思いながら、今朝も除雪しました。

さて、本題なんですが。
先日よりダミーロード兼パワーメーターの「MFJ-267」でチェックしながら電波を出してます。
コイツが結構良い仕事をしてくれるようです。

入れた場所はアンテナと無線機側コモンモードフィルターの間です。
これで、スイッチをダミーロード側にして送信テスト。

で回り込めば、音声の入力ラインを追えば良いだけです。
マイクのゲインやらケーブル、マイクプリアンプ等の異常を見つけやすくなったような気がします。
純正マイクを繋げばより切り分けが出来ます。

問題無い場合はパワーメーター側にして。
ここで、アンテナの同調確認が出来る様になりました。

要は進行波と反射波が見えちゃうので、反射波が異常に高いとアンテナ側でNGがあると。

実は起きました、反射波振り切れ状態。
しかも、進行波もキッチリ振れるから厄介でして。
ダミー側にすると問題無し。

パワーメーター側にして、アンテナチューナーを効かせると。
見かけ上同調する場合が有るようでした。

特にIC-7300とLDGチューナーの組み合わせで。
FTDX5000MPとMFJ-993Bの組み合わせでは起きませんでしたね、不思議です。
アンテナ直下にはMFJ-993BRTも入ってます。

数回LDGチューナーのTUNE押しましたが。
一番良いのは、IC-7300からTUNEを取った場合です。同じなんですけどね。
で、モードは「RTTY」にしておくこと。

その後、本体で送信ボタンを押すと・・・嘘のように「反射波」は低くなりました。

この「MFJ-267」ダミーロードとしては1.5KW連続10秒ですが、アンテナを繋いでパワーメーターとした場合。
進行波は3KW、反射波も600Wまで測定可能なんです。
クロスニードルですから、交点でVSWRも読めます。

SSBのピークパワーもキチッと見られるのも良いな~と。
FT8で確認しましたが、MFJ993Bのデジタルメーターと比較してもズレはないようです。

20180131160924501.jpeg

もう少しケーブルの取り回しをキレイにしたいなぁ~と計画中です。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ





JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

ダミーロードを輸入買い(^^ゞ

2018.01.25(21:14) 1273

先日のFTDX5000MP送信トラブル。
気づいたことがありました・・・ハイパワー用のダミーロードが無いことに( ̄。 ̄;)

これはまずいという事で。
急遽、お買い上げはアメリカ「DX Engineering」さんより。
国内代理店より安く買えるから。

21日夜にオーダーして何と本日午後届いちゃいました!
いや早い~。

ブツはコレです。

20180125173128043.jpeg

付属の電源コードでは長さが・・と思いケーブルも。

仕様はと言うと・・・。
1.5KWで10秒連続、100Wで10分だそうで。
200Wで約60秒連続がいけそうでした。

コレの良いところは、背面のスイッチでダミーロードをスルーしアンテナにいける。

2018012520543803e.jpeg

置き場所とかはFTDX5000MPが戻ってきたら再度考えようかと。
今日はこの場所です。

20180125205450d03.jpeg

欠点は12V電源必須なところかな。
しかし、海外製品は探すと面白いモノがありますね~。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ



⇒ダミーロードを輸入買い(^^ゞの続きを読む

JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

RSP2の受信システムを替えてみた

2017.11.18(23:12) 1239

今日は午前中から冷たい雨です。
天気が続かなくて困ってますが、先日届いたCQ誌を読みながら・・・。

ユーザーレポートでSDRplayのRSP2とFTDX5000MPの組み合わせが紹介されてました。
何でも受信用アンテナ端子を利用とか。

スプリッターが必須とのことでしたので、お取り寄せして実験することに。


今現在、私はFTDX5000MPのIF出力からRSP2のアンテナ端子に入れてます。
これが一番簡単でしたからね。

私がお邪魔するブログのVQAさんもどうやらスプリッターを使った方式にされたようなので。
記事と合わせて参考にさせて貰いました。

用意したスプリッターです。

20171118165354fb9.jpeg


まず、FTDX5000のIF出力をOFFにします。
メニューモードから。

で、IF-OUTに繋いでいたケーブルをRX-OUTに。
RSP2のアンテナ端子から外したケーブルをスプリッター入力へ。
出力1をRSP2、出力2をFTDX5000のRX-INへ。

20171118221813818.jpeg

ハード的な作業はこれだけです。
SDRConsoleで動作確認です。

sdr2-3.png
リグ本体でFT8、SDRでは北京放送をモニター。
受信用のケーブルが少々長いのですが、ま、問題無いかと。

WSJT-Xも問題無く見えてます。
wsjtx001.png

試しにWSJT-Xで送信状態にしましたら、SDR側は受信しなくなりました。
30W程度なので大丈夫なのかと思いますが、念のためRSP2のアンテナ端子にはガルバニックアイソレータを。

ノイズ対策にフェライトコアを入れるのも有りかと。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

⇒RSP2の受信システムを替えてみたの続きを読む

JP7GRU's Log & Photo


無線機材
  1. 上位機は見つけたら買い時?(03/28)
  2. アマチュア無線用PCを考えてみた(02/23)
  3. MFJ-267の恩恵(01/31)
  4. ダミーロードを輸入買い(^^ゞ(01/25)
  5. RSP2の受信システムを替えてみた(11/18)
次のページ
次のページ