FT-991Mの新ファームも何とか更新( ̄。 ̄;)

2017.09.09(22:54)

昨夜に引き続き、本日は「FT-991M」に最新ファームウェアを。
私にとっては鬼門となりました。

何か一回で行かないんですよね~。
大体、COMを大量に制御する中でファームウェア書き換えに使うのは如何なものかと。
その点ではICOMさん、SDカードで手間いらず。優秀です。

で、今回もメインファームの書き換えがすんなりいきませんでした( ̄。 ̄;)

数回作業しましたが、Problem COMと表示。
さすがに、一度認識されてるポートを削除。

で、もう一度初めから作業し直したら無事にメインファームが書き換わりました。
ヤレヤレです~。

DSPファームは一発OK!

最終的には・・・。
201709091815303bb.jpg

何とか最新ファームになりました。
991は5MHzの機能の他にDNRの最適化がされたようです。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

FTDX5000MP最新ファームは5MHZ対応(受信のみ)

2017.09.09(10:06)

ハムライフ.jpさんでも上がってましたが。
最新ファームウェアに関する記述がYAESUのサイトに。

昨日深夜にゴソゴソと作業を始めました。

相変わらず作業性の悪いYAESU機

今に始まったことでは無いですが、ファームウェアの更新にかんしてはホントに。
思うんですが、DMU2000からファームウェア更新が出来る様になれば楽だと思います。
折角メモリーカード使ってるのですから。

で、何とかファームウェア更新。

20170909093629311.jpg

201709090937032e6.jpg

2017090909371764e.jpg

注意すべきは、COMポートです。
VSPEを止めて、本来のCOMポートに繋がるようにします。

で、出来上がると・・・。

20170909093730e3e.jpg

上の写真の様にバンド切り替えスイッチで5MHZ帯に。
14MHZのボタンを1秒程度長押しで5MHZへ切り替わりました。

JA仕様ではPTTを押しても送信できませんので。

バンドスタックも長押しで出来ましたね。

他のFTDXシリーズやFT991、FT891でも同様の機能が入ったファームウェアが最新としてリリースされた様です。

私、FT991の作業もしてみるか~( ̄。 ̄;)


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村

FTDX5000MP+α

2017.03.29(18:30)

FTDX5000MPを使っていて、バンド内の様子を見たいときに手間取ってます。
IC-7300で見ても良いのですが、WF画面が小っさいのが玉に瑕です。

DMU2000では精細さに今ひとつ・・・。
で、検討してましたらこんな物を見つけました。

201703282307529b3.jpg

SDRplay RSP2と言うやつなんですが、端的に言えば受信機ですね。
随分前から使う人は使ってるというやつです。

SDRのハードはいわゆるピンからキリまででして。
RSP2は後発なのですが、サウンドカードを必要としない分、面倒な設定がある程度省略されてるようです。


今回の入手ルートはRPJさん経由、諸経費込みで25kでした。
土曜にオーダー~決済を経て火曜日到着。
前日には必要なケーブル・コネクターも届きましたから、一応準備はOKかと思います。

手順は使用するソフトを決め、デバイスドライバをインストールしながらソフトもインストール。
その後、RSP2を接続しながらソフトの初期設定のようでした。

最終的に、今使ってるCWSkimmerを使いこなしたいので。
HDSDRを使うことにしました。

まずはHDSDRを導入するのですが、本家サイトよりもこちらで。

sdr play 1
RSP2用のデバイスドライバなんかも入ってる模様です。

順調に進むと、途中で本体をPCに繋ぐようポップアップが。
USBケーブルで空いてるポートに繋いでひとまずOK。

次に無線機とRSP2を接続。
ひとまず、ソフトを起動させました。

sdr play2

JT65のソフトを動かしながらですが、特に問題無いようです。

他のソフトも気になりますので、お試ししようと思います。


で、結果の画面を。
SDR 3

何とかここまで出来ました。
詳細は次にします。



ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村




FT-991MメインファームウェアUP

2017.01.18(22:19)

本日はお天気も落ち着きまして。
おかげで、屋根からの落雪処理に追われました( ̄。 ̄;)

時間が取りにくい中でしたが、7MHZ CWを聞いて・・・。
何局かお声がけしました。
途中、送信できなくなり後で「SRI QRX」と送りましたが合ってたのか?
相手局からは「TU」を貰えたので良しとしましょう。

で、本題です。
YAESUコンテストの提出確認のため、サイトへお邪魔すると・・・。

「FT-991」シリーズのメインファーム、アップデートの案内が!
前回のリベンジをすべく・・作業しましたよ~。

あ、アップデート内容です。
以下、YAESUさんより抜粋です。

※主な変更点
1.メニューモード117(スコープディスプレイモード)に「WATER FALL2」を追加し、信号の強弱を色別で表すマルチカラーウォーターフォール表示が可能となりました。
2.DCS機能において、DCSエンコード機能(デコードオフ)を追加しました。
3.TOT(タイムアウトタイマー)動作時、タイムアウト10秒前の告知音を追加しました。
4.その他、機能改善および最適化を行いました。

抜粋終わり。

バージョンNo.はV0219です。

20170118215650dee.jpg
 
今回は無事にファームウェアの書き込みが出来ました(^^)
良かった~。

あ、YAESUコンテストの提出期限は今月末でした。
早めに提出しないと。


FT950&FT-2000Dへリスペクト

2017.01.14(16:45)

どちらも開局した2013年に入手しました。
FT950が移動しない局用の第一送信機、FT-2000Dが第二送信機です。
今思うと、最初からFT-2000Dにすれば良かった~と。

ですが、この2台体制がコンテストや2バンドQRVというスタイルで生きたので。
結果的には満足ですね。

FT950は12万円くらいで2013年6月に。
初の100W機に(O_O)



2013年7月頃の写真です。
PC用のデスクを流用してました。
今見直すと配置がまずいのに気づきます。
パドルのあの位置はあり得ませんね、使えないです。

2ヶ月後の写真です。



今の原型って所でしょうかね。
DMU-2000を入れ、外部スピーカーやSCU-17もありますから。
毎晩7MHZか21MHZにQRVしてました。

初めてのHF専用機に嬉しさが止まりませんでしたね。
写真の組み合わせで、7月から9月末までの間に900件以上のQSOをしてました。

FT950の良かった所は・・・拡張性でしょうか。
上位機種用のオプションを使えたのは良かったです、おかげで今のFTDX 5000MP Limitedになるのですから。

気になったところ・・・アンテナチューナーの五月蠅さでしょうか。
夜遅くは控えた記憶があります。

2013年10月・・・このブログを始めて間もない頃に来たのがコイツです。
http://blog-imgs-58.fc2.com/j/p/7/jp7gru/5D3A9951.jpg

上がFT-950、下がFT-2000Dなんですが。
取りあえず置きました的な配置に自分でも笑えます。

FT-2000Dをメインとして使い始めて、色々な面で楽になりました。
やはり、200W機のパワーって違います。

位置づけはハイエンドに近かったのでは無いでしょうか?
それまで950で使って居たオプションはFT-2000Dへ。

嬉しかったのはアンテナチューナーの静かさでしたね。
後はアナログ式のシグナルメーターでしょうか。
分かりやすい操作系とサブ受信部の作りはYAESU最後のアナログらしく聞きやすい受信音。

私が気になっていた点は、DNRかな~。
効かせすぎるとちょっとね・・・。

下の写真は13年の12月時でした。
シャック

今となっては懐かしい写真になります。
パドルが使いやすい位置になっていたり、マイクが増えていたり。
翌年の8月までこの状態だったかと思います。

2014年9月に専用のL型デスクを購入してます。
下の写真がそうなんですが、高い位置にモノを置くのはやめました。

ニューレイアウト1  

FT-2000DではJT65を始めたので、一気にDXとのQSOが増えていきました。
アフリカだったり南極ともJT65でQSO出来たのが嬉しかったですね~。

調べたら、FT-2000Dは2006年リリースでしたか~。
FT-950は翌年の2007年デビューと。
20160526232821463.jpeg

上の写真は2016年5月末。
1ヶ月後、FT-2000DはFTDX5000MPとの交換になりました。

一方のFT-950は2016年1月末、嫁に出しました。
201601051708421b4.jpeg

手放すまで、FT-2000Dは主にDXやCW、JT65で頑張ってくれました。
CWのAPFは使いやすかったと思いますね。

FT-950は50MHZ専用としてました。
でも、2000Dをメンテナンスに出してるときは助かりました。
ほとんど変わらずに運用できたので。

この4年でどちらも入れ替えてしまいましたが、魅力的な無線機でした。
FT-2000DとFT-950に敬意を込めて、記録として残します。


YAESU

  1. FT-991Mの新ファームも何とか更新( ̄。 ̄;)(09/09)
  2. FTDX5000MP最新ファームは5MHZ対応(受信のみ)(09/09)
  3. FTDX5000MP+α(03/29)
  4. FT-991MメインファームウェアUP(01/18)
  5. FT950&FT-2000Dへリスペクト(01/14)
次のページ