タイトル画像

QEX Japan 2018年3月号の気になる記事

2018.02.22(10:23) 1279

今月も釣られて買った「CQ誌 3月号」。
QEX Japanの3月号も買っちゃいました。

FTDX5000MPに関する記事があったからって言うのがホントの所。
「 八重洲無線 FT DX 5000 + NaP3で快適なパナダプタ環境を構築」
ん~NaP3かぁ~と。

読んでみますと、私が気にしていたことが書かれてました。
  • スプリッターによるゲイン低下
無線機に繋がってるアンテナを利用したいが為にスプリッターを入れてますが。
記事にあったとおり、3db程低下します。

で、いちいち「RX」ボタンを押さないといけない訳でして。
記事中では「IF-OUT」から信号を出した方が・・と。

いや、これ私が一番最初に試した方法だろ?
まぁ、良いか~と思いながらRSP2でIF-OUTを使う場合の接続ダイアグラムが載ってました。

誌面のコピーです。

201802211712499a4.jpeg

コピー終わり。

HDSDRについて触れられてましたが。
HDSDRよりはSDRConsoleの方が、VFOを2個以上出力出来ます。
で、PCのグラフィックスカードのCUDAを利用できますから。


私としてはこれからRSP2にトライするならSDRConsoleをお勧めします。
来月にはバージョン3も正式リリース予定ですから。

で、HDSDRとFTDX5000MPは問題無く同期します、IF-OUTでも。
ポイントは何処まで同期させるか。

無線機と完全同期させるなら。

sdr4.png

HDSDRのオプションから上の画面を出します。
ここで同期モードがあるので、「Sync Mode」から一番上のフルシンクロを。

他にももう一箇所。

hdsdr001.png

ここでリグを選択するとOKです。
色々試して、どんな動作をするか確認した方が無難かも。

という事で、私も実験中です。

後、もう一つ試したいアイテムがありますので、それもゲットしようかと。
久々のブログネタはこんな感じです。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ





⇒QEX Japan 2018年3月号の気になる記事の続きを読む

JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

返ってきたFTDX5000MPを検証してみる

2018.01.28(12:37) 1274

先だっての月曜にメーカー送りとなった「FTDX5000MP」
昨日、戻ってきました。

YAESUさんからは特に問題無いですね~と。
報告書にはファームウェアのアップや点検もOKと。

戻ってくる間に、こちらも怪しい所を確認。
マイクケーブル・・5mと長すぎたので、2mのカナレに。マイク側とプリアンプ側にワンターン「コア」を入れ。

微妙に置き場所を変えながら、ダミーロードを導入。
コモンフィルターの後に入れてみました。

ケーブルの引き回しも修正。
フットスイッチやアンテナチューナー周辺を確認。

で、昨夜、室温に慣らしながら本体を設置。
冬場は結露に気を遣います。

20180128122333c7c.jpeg

慎重にテスト開始。
電波が出ないように切り替えて。

う~ん、ピークパワーはキッチリ出るし、回り込むような音声でも無いですね~。
これで、異常があればダミーロードの位置を順に変えてみようかと思います。

取りあえず戻ってきて、その存在感の大きさに満足しました。

その後、昨夜はFT8でQRVして2QSO出来ました。
様子を見ながら今後のQSOに使っていきます。やっぱり200W機ですから~。

ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ








JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

FTDX5000MPをメーカー送り・・・

2018.01.22(12:30) 1269

昨日の夜です。
7MHZを聞いてたら、国内局が聞こえてました。

たまにはとFTDX5000MPで呼んだら、コールバックはありましたが。
こちらの音声がどうもおかしい・・・。
パワーが上がらず、音声モニターも切れるし。

で、IC-7300にしたら、「さっきより強いですよ」と。
何とかQSOを終了後原因を特定しにかかりましたが・・・。

リアのマイク入力をケーブル追いながら確認・・。
抜けも無いしなぁ~。

じゃあとマイクを交換して・・変化無し。

フロントからスタンドマイクで・・コレも症状変わらず。

マイクゲインを上げてもALCが振ってきませんでした。

最後の手段、ハンドマイクでチェック・・。
これもNGです。

パワーは出始めますが、ゲインを上げてる分歪んでモニター音が。
で、CWでキーダウンしたり、FT8とかでCQだすと問題無くパワーが出ます。

ここまで 来るとお手上げ。
メーカーに問い合わせて、出来る事は無いのを確認・・・。
メーカーに送ることになりました。

20180122112947094.jpeg

ま、来月初めには戻ってくるでしょう。
保証延長期間だったので、保証書も入れたし。

行ってらっしゃい~。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ



JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

WSJT-X V1.8.0 rc-3とFTDX5000の設定例

2017.10.24(21:34) 1227

今回、いつも拝見してるJA6VQAさんのブログで気になる記事を拝見しました。

どうも、WSJT-XとSCU-17の遣り取りが上手くいってない模様と。

うちは正に上手くいってる例なので、ちょっと紹介しておきます。

まずは、PCのデバイスマネージャ画面

comset.png

SCU-17のUSBドライバが正しく認識されるとCOMが二つ出来ます。
私の場合はCOM3、COM4です。

COM3はCATやファームウェアのバージョンアップ時に使われるポートです。
COM4はTX制御に使われます、PTTやKEY、FSKですね。

ここを理解すると基本的にOKです。

まずは様々なソフトでCOMを共有するので、VSPEでCOMを再生成させて分岐してます。

キャプチャ01

SCU-17で使うCOM3はCOM11として割り振って、分岐させてます。

私は「Omni-Rig」も使ってますのでその設定も。

omnirig.png

私の設定例です。
こうすれば、各ソフトでOmni-RigのRig1を選べば良いだけです。

で、WSJT-Xの設定です。
先ずはCATとPTTです。

WSJT1.png

ポイントはPTTメソッドで、TX制御するCOM4を選び「RTS」にする事です。
で、次の画面。

WSJT2.png

サウンドカードで該当するUSBオーディオを選べばOKです。
上手く出来ると・・・。

送信時

201710242122381de.jpeg

無線機はTX状態でPOメーター降ります。
SCU-17もPTTが確認出来ます。

受信時には双方消灯し受信音モニター出来てます。

1024JP7.png

YAESU機でSCU-17をお使いの方、参考になればと思います。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ


JP7GRU's Log & Photo


タイトル画像

FT-991Mの新ファームも何とか更新( ̄。 ̄;)

2017.09.09(22:54) 1185

昨夜に引き続き、本日は「FT-991M」に最新ファームウェアを。
私にとっては鬼門となりました。

何か一回で行かないんですよね~。
大体、COMを大量に制御する中でファームウェア書き換えに使うのは如何なものかと。
その点ではICOMさん、SDカードで手間いらず。優秀です。

で、今回もメインファームの書き換えがすんなりいきませんでした( ̄。 ̄;)

数回作業しましたが、Problem COMと表示。
さすがに、一度認識されてるポートを削除。

で、もう一度初めから作業し直したら無事にメインファームが書き換わりました。
ヤレヤレです~。

DSPファームは一発OK!

最終的には・・・。
201709091815303bb.jpg

何とか最新ファームになりました。
991は5MHzの機能の他にDNRの最適化がされたようです。


ランキング参加してます、良かったらクリックお願いします。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村


JP7GRU's Log & Photo


YAESU
  1. QEX Japan 2018年3月号の気になる記事(02/22)
  2. 返ってきたFTDX5000MPを検証してみる(01/28)
  3. FTDX5000MPをメーカー送り・・・(01/22)
  4. WSJT-X V1.8.0 rc-3とFTDX5000の設定例(10/24)
  5. FT-991Mの新ファームも何とか更新( ̄。 ̄;)(09/09)
次のページ
次のページ